• 国際

【ロンドン襲撃】あれから1年、犯人と戦ったパン屋の英雄が苦悩語る

2017年6月3日にロンドン中心部バラ・マーケットで起きた襲撃事件で、フローリン・モラリウさんは働いていたパン屋の店内に人々をかくまい、犯人に立ち向かった。

モラリウさんの行いはテリーザ・メイ英首相からたたえられ、出身のルーマニアでも称賛の声が上がった。

しかし、モラリウさんは事件後に心的外傷後ストレス障害(PTSD)を患い、当局から見捨てられたと感じていると話した。

ニュース