• 映画

アベンジャーズが人類の命運賭けた闘いに挑む!/映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』MovieNEX予告編

全世界興行収入は20億ドル(2200億円/1ドル110円換算)を突破し、日本でも興収37億円を超え、観客動員250万人を突破した『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』。2012年公開の『アベンジャーズ』を抜いて、“マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)”史上1位の記録を更新したこの映画が、ついに9月5日よりMovieNEXでリリース。8月8日より先行デジタル配信開始となる。それに先駆け、MovieNEX版の予告編と、本編クリップ映像が解禁となった。

アイアンマン、キャプテン・アメリカ、スパイダーマンら最強ヒーローチーム“アベンジャーズ”と、宇宙にうごめく悪の背後に存在し続けてきた最凶最悪のラスボス、サノス。地球を破壊できるほどの圧倒的なパワーをもつサノスの野望は、この宇宙を自身の信じる姿に変えること。6つ集めれば世界を滅ぼす無限の力を手にすると言われるインフィニティ・ストーンを狙うサノスに対し、“アベンジャーズ”が人類の命運を賭けた闘いに挑む!

解禁となった本編クリップ映像は、アイアンマン、スパイダーマン、ドクター・ストレンジたちが、最凶最悪のサノスと闘う驚愕のバトルシーン。ドクター・ストレンジが魔術を使い、スパイダーマンが縦横無尽にキックをし、アイアンマンが奇襲攻撃を仕掛ける。しかし、サノスの規格外のパワーに、3人はたちまちピンチに追い込まれてしまう。はたして、アベンジャーズの運命はいかに?

製作総指揮のヴィクトリア・アロンソは、サノスについて「ただの悪党ではありません。サノスは人類を救えるのは自分以外にないと考えています。ただ、その方法は尋常ではありません」とアベンジャーズと戦う目的を示唆している。正義とは何か? 全宇宙を舞台にした壮絶な戦いが繰り広げられる。

エンタメ