• 映画

人類最強ロック様が最弱に⁉ 勝てる気がしない 最恐巨獣のスペック大公開/映画『ランペイジ 巨獣大乱闘』特別映像

ドウェイン・ジョンソンの主演最新作にして、『パシフィック・リム』『キングコング:髑髏島の巨神』に続く、巨大怪獣パニック・アクション 『ランペイジ 巨獣大乱闘』の巨獣の最恐スペック大公開&ロック様の巨獣紹介映像解禁となった。

本作は、最新を誇る遺伝子実験の失敗によって、巨大化、凶暴化してしまったアルビノの白いゴリラ、オオカミ、ワニの巨獣達が街中で大暴れするという作品。
その巨獣たちに立ち向かうのは、人類最強の男、「ロック様」ことドウェイン・ジョンソン!

この度、最強の男を最弱の男にしてしまう程の強大なパワーを持った巨獣たちの最新ビジュアル&スペック、そして紹介映像が解禁に!

最初は、アルビノの白いゴリラで、名前はジョージ。
しかし謎の緑煙を体に浴び、成長が止まらないサメの遺伝子や、シロナガスクジラの成長率、カブトムシの強靭さなど、ありとあらゆる異なる遺伝子を混ぜ合わせた予測不能の特殊生物へと変貌を遂げてしまうのだ。
最終的にジョージは、全長12m、体重9.06トンというあり得ない大きさに成長する!

続いては、ラルフという通称のオオカミ。しかし一気に成長を遂げ、全長26m、体重13.8トンのモンスターと化す。
そんなラルフの最大の特徴は、なんと空を飛べること!突然変異でムササビのような羽を得たラルフは、街中を縦横無尽に飛び回り、高層ビルをなぎ倒していく。

最後は、ワニ!通称リジー。リジーも普通のワニだったが、急成長し、全長68.5m、体重150トンと巨獣の中でも一番大きい、超ビッグサイズの怪物に!!
その黒いウロコはチタンより硬く、足の指は車の大きさを超え、尻尾の先がスパイクボールのように変異し、ワニの頃の面影はなく、ドラゴンと恐竜が合体したような姿へと変貌する。

そんな強すぎる巨獣達の出現によって、図らずも最弱となってしまった人類側の代表であるロック様。

果たして、人間は地上最強の生物となってしまった怪獣たちの大乱闘を止めることができるのか?
『パシフィック・リム』『キングコング:髑髏島の巨神』に続く、巨大怪獣パニック・アクションに乞うご期待!

映画『ランペイジ 巨獣大乱闘』
2018年5月18日より全国公開

エンタメ