• 映画

『レ・ミゼラブル』と同じ手法で生歌を収録/映画『52Hzのラヴソング』メイキング映像

伝説的映画『セデック・バレ』のウェイ・ダーション監督の最新作は台湾初、全17曲の完全オリジナル楽曲で綴られるラブストーリー!!『52Hzのラヴソング』。

本作は、台湾初の全17曲完全オリジナル楽曲で綴られるミュージカル・ラブストーリー。ミュージカル映画といえば口パクで撮影後、後から歌を録音して合成していく方法が主流だが、本作では『レ・ミゼラブル』と同様、演技をしながら生歌を収録するという方法を選択した。現場収録の苦労や、それによって生まれる効果によって語る監督、そして撮影映像と本編映像を使った特別映像がこの度解禁。

エンタメ