• 関連動画
  • 社会

【週間ピックアップ】レストランの水にカエルの死骸、甲子園出場校の野球部監督が部員にセクハラ、機内で食べ散らかす迷惑行為...2017年12月第1週 - トモニュース

米レストランで出されたコップの水にカエルの死骸混入、暁星国際高校野球部の監督が部員にセクハラ!?、大阪西区で言いがかりをつけられた男性が首を絞められ死亡、機内での非常識な迷惑行為にネットユーザー憤慨、男鹿地区消防本部の男性消防士がコンビニで泥酔、事故を起こしておきながら警察に申し出ず…2017年12月第1週の厳選ニュースをまとめてお届けします!

1.米の大手レストランチェーン「ワッフル・ハウス」で客に出されたコップの水にカエルの死骸が混入していたと、11月20日までに海外メディアが報じた。

2.千葉県木更津市の暁星国際高校野球で男性監督の部員に対するセクハラ・パワハラ疑惑が出ていることが明らかとなった。

3.大阪西区の飲食店で11月1日に65歳の男性が男に因縁をつけられたあと、近くの路上で首を絞められ殺害される事件があった。



4.フライト中に遭遇した他の乗客の迷惑行為…その様子を捉えた写真が海外で話題となっている。この写真を公開したユーザーによると手前に座る乗客が機内の通路に食べ残した機内食やごみを捨てたまま、平然と読書をしていたということ。

5.秋田県男鹿地区消防本部の20代男性消防士が11月下旬に単発事故を起こしていながら、警察に申し出ていなかった疑いがあることが明らかとなった。

ニュース