• 映画

映画『女王陛下のお気に入り』全キャストが監督を絶賛!特別映像

三大女優の競演による豪華絢爛な宮廷物語『女王陛下のお気に入り』。

監督のヨルゴス・ランティモスは『ロブスター』でカンヌ映画祭 審査員賞、『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』でカンヌ映画祭 脚本賞を受賞した。

主演は、第75回ベネチア国際映画祭で主演女優賞を受賞し、過去作でもゴールデン・グローブ賞/エミー賞に輝き、アカデミー賞主演女優賞最有力との声も上がる名女優オリヴィア・コールマン。女王アンを熱演する。女王の幼なじみレディ・サラには、第22回ハリウッド映画賞で助演女優賞を受賞したレイチェル・ワイズ。そして女官アビゲイルには、『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞主演女優賞を受賞し、最新作『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』でもさらなる新境地を開き、本作で更なる飛躍を見せるエマ・ストーン。

美しい宮廷を舞台に巻き起こる、三人の女たちの刺激溢れるドラマティックな関係性を、豪奢なセットと美術品のように美しい衣裳とともに華麗に描きだし、オスカー最有力と呼び声の高い本作。

この度解禁された特別映像では、ヨルゴス・ランティモス監督に信頼を寄せる三女優やハーリー役のニコラス・ホルト、マシャム役のジョー・アルウィンのコメントを紹介。

今年度のアカデミー賞、助演女優賞にノミネートされたエマ・ストーンは「独自お視点を持った人と一緒に働くのは楽しいわ。」と語り、ジョー・アルウィンは「彼の作る世界は突拍子もないけどすばらしい」と大絶賛している。

エンタメ