• 映画

ドラゴン・タトゥーの女が窮地に!忍び寄る謎の組織の罠/映画『蜘蛛の巣を払う女』本編映像

『セブン』『ファイト・クラブ』のデヴィッド・フィンチャー監督が2011年に映画化した『ドラゴン・タトゥーの女』から7年、最新作『蜘蛛の巣を払う女』。

デヴィッド・フィンチャーの製作総指揮のもと、新たに監督を託されたのは『ドント・ブリーズ』で世界中を恐怖に陥れた新鋭監督、フェデ・アルバレス。主人公リスベットの忌まわしい記憶と葬り去ったはずの残酷な過去を炙り出す。

リスベット役を演じるのは、人気TVシリーズ「ザ・クラウン」『ブレス しあわせの呼吸』、『ファースト・マン』の公開も控える実力派女優、クレア・フォイ。またリスベットの過去の真相を握るカミラを演じるのは、『ブレードランナー 2049』での熱演が記憶に新しいシルヴィア・フークス。『ドラゴン・タトゥーの女』に続き、ついにハリウッドでシリーズ最新作の映画化が実現。新たなる製作陣とキャストを迎え、“今世紀最高のミステリー”の新章が再び幕を開ける!

この度、リスベットに謎の男が忍び寄る本編映像が公開。

寒々しい無機質な部屋で繰り広げられるアクションシーンから目が離せない映像となっている。

エンタメ