• 社会

楽天に立ち入り検査、公取委 送料無料で独禁法違反疑い

通販サイト「楽天市場」を運営する楽天が、一定額以上の購入者への送料を出店者負担で無料にする方針を決めた問題で、公正取引委員会は10日、独禁法違反(優越的地位の乱用)の疑いで楽天に立ち入り検査した。関係者への取材で分かった。
関係者によると、公取委が既に調査を始めているものの、楽天は3月18日から実施に踏み切ると明言している。立ち入り検査で強制的に証拠を収集し、速やかに調査を進める必要があると判断したもようだ。
3980円以上の購入者に対して送料無料で対応するよう、出店者に事実上強制する行為が、優越的地位の乱用に当たる疑いを持たれている。

ニュース