• ニュース

めざせ五輪!?ちびっ子たちが驚きの英才教育

今年の東京にはちょっと間に合いませんが、オリンピックを目指そうとエジプトで子どもたちが驚きの英才教育を受けています。

プカプカと気持ち良さそうに浮いているのは生後3カ月のモアズ君です。ここは赤ちゃん向けの水泳教室です。すると、コーチが驚きの行動に。ヒヤッとしましたが、モアズ君は無事に浮かんできてそのまま足をバタバタ動かし、器用に泳ぎ続けます。生後6カ月のリーンちゃんもズブズブ水に沈められてしまいますが、元気に母親のもとに戻っていきます。一見、危険にも見えますが、コーチも親も自信満々です。
水泳教室のコーチ、モハメド・ファダさん:「こうした運動は子どもの心肺機能を強化し、成長と免疫力も向上させてくれます。生後4カ月で歩くことができるようにもなるんです」
モアズ君の父親:「危険だとは思っていないよ。息子は生まれて1カ月でこの教室に通い始めたんだ。最初は水を怖がっていたけど、今では一人で泳げるようになったんだ」
リーンちゃんの母親:「最初は不安だったわ。けれど色々調べると、この指導法にはたくさんのメリットがあると分かったの。今では娘は一人で背泳ぎができるのよ」
とはいえ、この“英才教育”はやはりハードなのか、泣きじゃくる子も。でも、熱いコーチは真剣そのものです。数年前、インターネットでロシアで赤ちゃんに水泳を教えている映像を見つけると、ロシアに留学。数カ月に及ぶ講習を受けて去年4月、カイロにこの水泳教室をオープンさせたのです。
水泳教室のコーチ、モハメド・ファダさん:「もちろん、子どもたちがオリンピックに出ることを願っているよ。オリンピック選手になるまで彼らを支えるつもりだよ」
この教室はSNSなどで話題を呼び、今では約50人の赤ちゃんに水泳を教えています。
[テレ朝news]https://news.tv-asahi.co.jp

IT・テクノロジー