• ニュース

アントマン&ワスプが来日!「“研究所”も持ってきた」 映画「アントマン&ワスプ」ファンミーティング1

スーツを身に着けた途端1.5センチのミニチュアサイズになるというマーベル・スタジオの“異質”のヒーロー「アントマン」シリーズの新作映画「アントマン&ワスプ」(ペイトン・リード監督、2018年8月31日公開)のスペシャル・ファンミーティングが8月22日、東京都内で開催され、アントマン役のポール・ラッドさんやワスプ役のエバンジェリン・リリーさん、リード監督が登場した。

「アントマン」は、体長が1.5センチに縮むというスーツを手に入れた主人公スコット・ラング(ポール・ラッドさん)が、スーツを開発したハンク・ピム博士(マイケル・ダグラスさん)と彼の娘のホープ・バン・ダイン(エバンジェリン・リリーさん)の特訓で決死のミッションに挑むというストーリー。続編となる今回の「アントマン&ワスプ」では、愛娘に会えず、FBI(米国連邦捜査局)の監視下に置かれているスコットの前に、新型スーツの力を手に入れたワスプことホープとピム博士が現れ、謎の敵ゴーストがアントマンの秘密を狙っていることを聞かされる……という展開。

エンタメ