• 映画

桜井日奈子と吉沢亮がキッス!?『ママレード・ボーイ』GReeeeN主題歌入り予告編

桜井日奈子と吉沢亮のW主演で実写映画化される『ママレード・ボーイ』の本予告編&ポスタービジュアルが解禁となった。予告編ではGReeeeNが歌う主題歌「恋」の音源も初解禁されている。

本作は1992年~95年にかけ月刊少女マンガ誌「りぼん」に連載され、その後テレビアニメ化、台湾でのテレビドラマ化などを経て、現在も続編の「ママレード・ボーイ little」が月刊女性マンガ誌「ココハナ」にて連載中の吉住渉による大ヒット少女マンガが原作。

ハワイ旅行で出会った両親同士が、互いのパートナーと恋に落ちたため、突然、1つ屋根の下で暮らすことになった同い年の高校生・小石川光希(桜井日奈子)と松浦遊(吉沢亮)が織りなすラブストーリーが描かれていく。

解禁となった予告編は「私の前に突然現れたのは、甘くてクールでママレードみたいなヤツだった」という桜井扮する光希のモノローグからスタート。次いで「私たちシェアハウス借りて6人で一緒に住もうと思っているの」と嬉しそうに光希と遊に報告する、檀れい演じる光希の母ら4人(光希の父役・筒井道隆、遊の母役・中山美穂、遊の父役・谷原章介)の姿が。両親がまさかのパートナーチェンジで再婚することになり、同じ年の遊と一緒に暮らすことになった光希の心情が描かれていく。

ポイントとなるのは、次第に惹かれあっていく2人の姿。檀れい演じる母から「好きになったらダメよ」と釘を刺されつつも、遊に惹かれていく光希。一方、遊も光希に惹かれていき、眠っている光希にキスをしようとする場面も。しかし、遊はやがて、自分たち2人に関するある秘密を知ってしまう。

エンタメ