• 経済

かんぽ生保の二重徴収問題 金融庁が処分視野に調査

かんぽ生命保険が顧客から保険料を二重に徴収していたことなどを受け、金融庁が業務改善命令なども視野に調査を進めていることが分かりました。 かんぽ生命の保険を巡っては、契約を乗り換える際に顧客が不利になるような不適切な販売が確認されています。郵便局員が営業手当を上げるために故意に解約を先延ばしさせ、顧客からに保険料を二重に徴収した疑いも発覚しました。こうしたなか、金融庁は業務改善命令など行政処分も視野に調査を進めていることが分かりました。すでにかんぽ生命から事情を聴いていて、不適切な販売が行われた背景など実態の解明を進めています。
[テレ朝news]https://news.tv-asahi.co.jp

ニュース