• 経済

国内サバ人気、米のホタテ豊漁で政府の輸出戦略狂う

サバとホタテで政府の輸出戦略がピンチです。 政府は成長戦略として、農産物や食品などの年間輸出額1兆円を目標に掲げています。しかし、5月までの輸出額は3623億円にとどまりました。サバは、国内のサバ缶ブームで価格が上昇したため輸出が伸びず、前の年に比べて31.7%の減少です。ホタテは、アメリカが主な輸出先ですが、そのアメリカで豊漁になり、マイナス36%となりました。輸出額1兆円には、6月以降にこれまでの約1.8倍の6400億円近くが必要で、達成は難しい状況です。
[テレ朝news]https://news.tv-asahi.co.jp

ニュース