• 国際

【全訳】英女王のクリスマスあいさつ、意見が違っても互いを尊重と呼びかけ

エリザベス英女王は25日朝、毎年恒例のクリスマスのあいさつで「地上に平和を、皆に善意を」と語りかけた。

女王はさらに、立場や視点の異なる者同士がお互いを尊重し敬意をもって接することの重要性を強調した。

イギリスは現在、来年3月29日に迫る欧州連合(EU)離脱をめぐり、議会が激しく対立している。

女王は国家元首だが、公的には政治問題について中立を保ってきた。

ニュース