• 国際

米と威嚇の応酬、緊張感は薄く 北朝鮮の首都・平壌

トランプ米大統領と威嚇の応酬を続ける北朝鮮の首都平壌に12日までに入った。米国や国連安全保障理事会の新たな制裁決議に対する「怒り」が渦巻く一方、市民生活は普段通りで“開戦前夜”のような緊張感は薄い。故金日成主席らをたたえる国際行事の準備が進み、祝賀ムードも漂い始めた。

ニュース