• 経済

在宅勤務延長やサーモグラフィーで 企業が対策強化

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、東京都内の企業では在宅勤務の延長や受け付けにサーモグラフィーを設置するなど対策を強化しています。

IT企業大手「GMOインターネット」は全社員の9割にあたる約4000人を先月27日から2週間をめどに在宅勤務にしていましたが、感染拡大の長期化に備えて延長しました。ほとんどの社員は自宅のパソコンを使ったウェブ会議などで業務を続けています。出社が必要な場合はラッシュ時の通勤を避けるようにするほか、消毒などの徹底を指示しています。在宅勤務の終了時期は未定で、感染の終息状況を見て判断したいとしています。
[テレ朝news]https://news.tv-asahi.co.jp

ニュース