• 映画

全観客総立ち、拍手喝采!スタンディングオベーション/映画『万引き家族』カンヌ上映後

第71回カンヌ国際映画祭「コンペティション」部門正式出品『万引き家族』。

2018年6月8日より公開となる是枝裕和監督『万引き家族』が、第71回カンヌ国際映画祭「コンペティション」部門に正式出品されたことを受け、是枝監督、リリー・フランキー、安藤サクラ、松岡茉優、樹木希林、城桧吏、佐々木みゆの7名がカンヌ入りし、レッドカーペットを歩き会場入り、世界の観客を前に公式上映が行われた。

上映後は、約9分間もの長さのスタンディングオベーションで観客から賞賛を受け、日本のメディアに向けた囲み取材が行われた。

東京の下町で質素に暮らす、一見ありふれた家族。しかし、彼らは生計を立てるため、家族ぐるみで軽犯罪を重ねていたのだった。犯罪でしかつながれなかった家族の“許されない絆”が、ある事件をきっかけに衝撃の展開を迎える。人と人との関係が希薄な今の時代に、“つながり”とは何かを問う、心揺さぶる衝撃と感動の物語。

エンタメ