• 国際

手付かずの自然のはずが……北極圏にもプラスチックごみ

北極圏といえば手付かずの美しい自然というイメージだ。しかし、自然界のプラスチック汚染が問題になるなか、北極圏は無縁かと思えば、それどころではなかった。

研究者によると、北極海のあらゆるところで、プラスチックごみによる汚染が見られた。世界各地で海に投棄されるプラスチックゴミが北極圏の海辺にたどりつき、動植物を傷つけるだけでなく、細かく粉砕され、マイクロビーズとなってさらに自然環境を汚染しているという。

ノルウェー・トロムソでフィヨルドの海岸清掃に取り組む、環境保護専門家のボー・アイデさんに話を聞いた。

ニュース