• 映画

大沢たかお主演、暴走したAIが人間に牙をむく映画『AI崩壊』特報

大沢たかお主演、賀来賢人、岩田剛典、広瀬アリス、三浦友和らが共演し、『22年目の告白―私が殺人犯です―』の入江悠が監督・脚本を担当することも話題の完全オリジナル映画『AI崩壊』。この作品の特報とビジュアルが解禁となった。

本作は、医療・金融・交通・セキュリティなど、AI(人工知能)が国民の生活を支えるインフラとして欠かせない存在となっている2030年の近未来が舞台。ある日、信頼していたAIが暴走し、日本中を巻き込む想像を絶する大惨事が発生する。

大沢が演じるのは、天才科学者で画期的なAIの開発者である主人公の桐生浩介役。賀来が桐生の義理の弟で、桐生が開発したAIの管理・運営をしている西村悟役、岩田が警察庁のエースで若き管理官の桜庭誠役、広瀬が警察庁の刑事・奥瀬久未役、三浦が定年間近で所轄のベテラン刑事の合田京一役を演じる。

解禁となった特報は、不穏な雰囲気が漂う東京タワーの夜景をバックに「2030年、人類はAIによって命の選別をされる。」という衝撃的なテロップとともに幕を開ける。次いで「命の選別を始めた」「生きる価値のある人間とそうじゃない人間を区別しようとしている」という大沢のセリフが続き、緊迫感のある映像と「AIの反乱じゃないですか」「人間に対する殺戮だ」といった声が続いていく。

桐生(大沢)が開発したAIが突如として暴走し、日本中がパニックに陥る。医療AIによって生かされる人々は次々と倒れ、AIに制御された交通網は破綻をきたし、車は暴走。金融機関は完全に麻痺。屋外には行く当てもなくさまよう数万人の人々。次々と描かれる想像を超えた衝撃のシーンの連続、さらに暴走したAIの選別は留まることを知らない。

そうした中、暴走したAIは個人情報を分析し、「生きる価値がある人間」と「生きる価値がない人間」を選別、殺戮を開始していくのだ。はたして日本はどうなるのか?

『AI崩壊』は2020年1月31日より全国公開となる。

※元記事はこちら
http://www.moviecollection.jp/news/de...

【関連記事・動画】
■大沢たかお主演、暴走したAIが人間に牙をむく映画『AI崩壊』特報解禁
http://www.moviecollection.jp/news/de...
■[動画]入江悠監督作、映画『22年目の告白―私が殺人犯です―』予告編
https://www.youtube.com/watch?v=TdiPq...
■[動画]大沢たかお主演『藁の楯 わらのたて』予告篇
https://www.youtube.com/watch?v=z0Tp8...

エンタメ