• 経済

「老後2000万円不足」金融庁は修正、報告しない方針

「老後に2000万円が不足する」という金融審議会の報告書を11日に麻生財務大臣が「受け取らない」と決めましたが、金融庁は修正などはせず、審議会の総会にも報告しない方針を固めました。 「老後に2000万円が不足する」という報告書について、麻生大臣は「老後の生活は年金である程度、賄える」という政府のスタンスと異なるという理由から、正式な文書として受け取らない考えを示しました。これを受けて金融庁は、本来なら今回の報告書を了承してもらうはずだった金融審議会の総会に報告書を出さない方針を決めました。現時点では修正などをして出し直す考えもないということです。報告書の作成に関わった委員の一人は、麻生大臣の対応について「過剰反応だ」としつつも「なしになっても取りまとめた事実は残る」と話しました。また、報告書について「問題となった部分だけを外すことは可能だが、数字も出さずに『資産形成が大事』というのは難しい」「『年金だけで賄える』が政府の政策なら資産形成は必要ない」と修正には否定的な見解を示しています。
[テレ朝news]https://news.tv-asahi.co.jp

ニュース