• 国際

「ここはオランダです、質問には答えないと」 米大使に記者団

「ここはオランダです。質問には答えないと」

トランプ米政権の新しい駐オランダ大使、ピーター・ホクストラ氏が10日、着任後初の記者会見を地元メディアと開いたところ、オランダに関するかつての発言について記者団に繰り返し問いただされた。

昨年11月にドナルド・トランプ大統領に任命されたホクストラ氏は翌月、オランダ人記者に、移民受け入れをめぐる自分のかつての発言について質問されていた。

オランダ政府が「イスラム運動」を国内に招き入れたせいで国内には「立ち入り禁止区域」が複数あり、車や政治家が「焼かれている」という2015年の自分の発言について、ホクストラ氏は昨年12月の時点では、「自分はそんなことは言っていない、フェイクニュースだ」と反論していたが、2015年に実際に発言している映像と共に、「フェイクニュースだ」と反論する映像も広く拡散され、話題となった。ホクストラ氏は後に、自分が「フェイクニュースだ」と言ったことも否定した。

着任したホクストラ大使に、オランダの地元記者たちは発言の真意についてあらためて繰り返し質問した。大使が回答を拒むと、記者たちはこぞって、「質問に答えてください」、「ここはオランダです。質問には答えないと」と大使を追及した。

ホクストラ大使はミシガン州選出の下院議員(共和党)を18年間務めた後、トランプ氏の指名を受けて昨年11月に上院に承認された。

ニュース