• 関連動画
  • 社会

「ハンバーガー食べたい!」8歳児が車でマックへ、ヒトの歯やネジ混入…マクドナルドに関する話題まとめ

ハンバーガー食べたさに8歳児が車でマクドナルドへ。14年間カビの生えないハンバーガー、期限切れ肉、ヒトの歯、ネジ、虫、金属等異物混入騒動…、客が店員にブチ切れ。マクドナルドに関する国内外ニュースをピックアップ!

1.米オハイオ州の8歳男児が、ハンバーガー食べたさのあまり、仰天の行動に出て、周囲を驚かせたようだ。4月13日までに、海外メディアが報じた。

2.マクドナルドは「食べ物」か「毒」か......。その賛否を巡る議論が紛糾している。先日も伝えた14年間カビの生えないハンバーガーに加え、同社のチキンナゲットも話題に上っているようだ。

3.マクドナルドのナゲットに、使用期限切れの肉が混入か。 日本マクドナルドホールディングスは7月22日、中国・上海の食品会社「上海福喜食品有限公司」から輸入した「チキンマックナゲット」の販売を21日に中止したと発表した。

4.マクドナルドで異物混入が相次いでいる問題で、日本マクドナルドは1月7日午後に会見を開き、マックナゲットやサンデーチョコからビニール片やプラスチック片が見つかったほか、フライドポテトに「ヒトの歯」が混入していたことを明らかにした。

5.製品への異物混入問題に関して、1月7日に謝罪会見を行った日本マクドナルド。だが翌8日にも、ハンバーガーへの虫や金属片の混入が報じられるなど、騒動はまだまだ収束しそうにない。

6.マクドナルドが行っているキャンペーン「ENJOY!60秒サービス」に、twitterなどで批判の声が相次いでいる。同サービスは、会計後60秒以内にハンバーガーを提供できない場合、ビッグマックなど、バーガー類の無料券を渡すというもの。

7.日本マクドナルドは12月15日、「マックフライポテト」のMサイズとLサイズを17日より販売を休止すると発表した。

8.日本マクドナルドは2月6日、2014年12月に販売した「てりやきマックバーガー」にネジが混入して飲み込んだと、客から苦情が寄せられていたことを明らかにした。

9.米アイオワ州のマクドナルドで、女性客が待ち時間の長さに耐えかねて、従業員に殴りかかるという事件があった。

10.米デトロイトのとあるマクドナルドで、従業員がホームレスの男性に冷水をかける映像がインターネット上で波紋を呼んでいる。

ニュース