• 国際

「家族に殺される」 ツイッターが救ったサウジの少女

1月5日夕方、真新しいツイッター・アカウントが身の危険を訴え、世界に助けを求めた。

クウェートに住む家族のもとを脱出したサウジアラビア人のラハフ・ムハンマド・アルクヌンさん(18)は、タイ・バンコク空港のホテルの一室から、「家族のもとに戻されたら殺されてしまう」とツイートを続けた。

最初のフォロワー数はわずか24人だった。

「私はタイに逃げてきました。サウジ大使館が帰国させようとしているので、いま本当に危険な状態です」とアラビア語で書いたのが、最初のツイートだった。

その次のツイートは「怖い。家族に殺される」という内容で、大勢が気に留め、「#SaveRahaf(ラハフを救え)」というハッシュタグが生まれた。

ニュース