• 映画

観客には2時間ずっと怖がってほしい/映画『スケアリーストーリーズ 怖い本』特別映像

アカデミー賞監督ギレルモ・デル・トロの原点!監督&キャストが初めて語る『スケアリーストーリーズ 怖い本』の撮影の裏側。「緊張と恐怖を作り出したかった、2時間観客には怖がってほしい」と本作への想いを語る、期待の新星アンドレ・ウーヴレダル監督の最新作。

『パンズ・ラビリンス』『シェイプ・オブ・ウォーター』のクリーチャー愛に溢れるギレルモ・デル・トロ監督がオスカー受賞後はじめて企画・製作し、ストーリー原案を担当した作品『スケアリーストーリーズ 怖い本』。この度、デル・トロの心を鷲掴みにした激ヤバ!ビジュアルのモンスター【ペール・レディ】の登場シーンが解禁!!

本作品の基になっているのはデル・トロが若いころ多大な影響を受けた同名児童書。選りすぐりの怖い話が詰まったその本は、子どもたちの恐怖心と好奇心を掴み瞬く間にベストセラーになった。しかし、スティーブン・ガンメルの描いた挿絵があまりにも不気味でおぞましかったため、全米の学校図書館に置くことが禁じられたいわくつきの短編集だ。恐怖の物語とともに墨のような黒鉛で描かれたグロテスクなモンスターたちのイラストは、デル・トロの大のお気に入り。惚れこみすぎたデル・トロは、かつて貧乏だった時代にガンメルの原画に出会い衝動的に購入、妻との関係に暗雲が立ち込めたほどだ。

今回、解禁となった特別映像では、デル・トロや本作で監督を務めたアンドレ・ウーヴレダル監督、そしてキャストの面々が、本作の魅力や撮影の裏側について語ったもの。さらに映像内では、本作のストーリーを簡単に知ることができる。町外れの幽霊屋敷に忍び込んだステラたちは一冊の本を見つける。その“怖い本”には毎夜ひとりでに新たな物語が書かれていき、主人公になった者は消えていく…。そんな“怖い本”の呪いに振り回されるステラたちはどうなるのか…!?

エンタメ