• 経済

東証一時1000円超下落 新型コロナ影響で世界株安

新型コロナウイルスの感染拡大への懸念で日経平均株価が急落しています。下げ幅は一時、1000円を超え、全面安の展開になっています。

現在、日経平均株価は先週末より741円安い2万2645円で取引されています。新型コロナウイルスの感染拡大で世界の景気の先行きに警戒感が強まっていることから、24日のニューヨーク株式市場が1000ドル以上、急落して過去3番目の下げ幅となるなど世界の株式市場が大幅に下落している流れを受け、東京市場もほぼすべての銘柄で株が売り込まれています。
[テレ朝news]https://news.tv-asahi.co.jp

ニュース