• 映画

東京大学で上映シンポジウム開催/映画『ラッカは静かに虐殺されている』予告

『ラッカは静かに虐殺されている』は戦闘が激化し混迷を極めるシリア内戦で秘密裡に結成された市民ジャーナリストたちと「イスラム国」(IS)とのSNSを駆使した情報戦、ニュータイプの戦争と言われる闘いを、現実の出来事とは思えない壮絶な緊迫感で捉えたドキュメンタリー映画です。
上映シンポジウムは3月26日(月)17時より東京大学本郷キャンパス東洋文化研究所にて開催されます。映画『ラッカは静かに虐殺されている』を上映し、シンポジウムには、東京大学の学生や、シリアで医療活動を行った国境なき医師団の白川優子さん、マシュー・ハイネマン監督(スカイプ出演)をお招きし、混迷深まるシリア情勢、戦争報道の歴史を変えたと言われるシリア内戦での市民ジャーナリズムについて考察します。映画上映は92分、シンポジウム60分を予定。入場は無料。事前申し込み制となっており、広く学生の参加を呼び掛けています。※一般の方も参加可能 ※定員に達し次第受付終了 ※ゲストは予告なく変更する場合あり

<上映シンポジウム概要>
【日程】2018年3月26日(月)16時30分開場/17時上映※上映終了後シンポジウム
【会場】東京大学 本郷キャンパス東洋文化研究所3階大会議室
【申し込み方法】件名を「【ラッカ】3/26上映シンポジウム参加申し込み」としていただき、本文に①名前②参加人数③連絡先④職業(学生は学校名)をご明記の上、film@uplink.co.jpまでメールでご応募ください。
※定員に達し次第締め切らせていただきます。※申込み締切:2018年3月22日(木)23:59

劇場公開は4月14日(土)よりアップリンク渋谷、ポレポレ東中野ほか全国順次公開。

エンタメ