• 国際

北朝鮮、米の敵視政策非難 国連次長に従来の立場強調

朝鮮中央通信は9日、訪朝した国連のフェルトマン事務次長が李容浩外相や朴明国外務次官と会談したことを報じた。北朝鮮側は「朝鮮半島情勢が今日の状況に至ったのは、全面的に米国の敵視政策と核による威嚇に(原因が)ある」と主張。米韓両軍の共同訓練についても「不意に先制核攻撃する企図を示している」と非難した。フェルトマン氏は平壌滞在中、国連機関が支援している施設を視察。制裁で国連の人道支援活動に支障が出ている状況を確認し、改善に努力する意向を示したという。フェルトマン氏は9日、平壌を離れた。

ニュース