• 映画

サミュエル・L・ジャクソンがネタバレに注意しつつ…映画『キャプテン・マーベル』サミュエル・L・ジャクソン インタビュー

2019年初のマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)4DX映画『キャプテン・マーベル』が、2019年3月15日より、上映スタート!マーベル史上初となる女性ヒーローが主役となる本作では、歴代マーベル・ヒーロー4DX映画史上、最強にダイナミックで、最もエモーショナルな4DX演出を披露することに期待が集まっている。

4DXで上映された作品のなか、歴代初で全世界200万人超の観客を動員した『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』4DXのように、『キャプテン・マーベル』4DXでは、登場するキャラクターにあわせて専任の4DXプロデューサーを配置。各キャラクターの能力にあわせて4DXならではのオリジナル効果や演出を仕掛けている。特に、明らかになっていないキャプテン・マーベルの究極のパワーや飛行能力の表現は4DXがこだわりにこだわったダイナミックな演出を仕掛けつつ、物語の深みや感動を自然に受け入れられるような、エモーショナルなモーションチェアの動きや4DX環境効果で、完全に『キャプテン・マーベル』の世界観に没入でき、新しいヒーロー映画を間違いなく楽しめる選択肢になるだろう。

この度、ニック・フューリー役を務めたサミュエル・L・ジャクソンがScreenXで観てみたいシーンのほか、自身のキャラクターについて語る映像が到着。

自身がScreenXで観てみたいシーンを問われると、「とても興味津々なアクションシーンから選ぶとしたら、僕が出演したアクションシーンですね。誰かに追いかけられるシーンですね」と、ネタバレに注意しつつ答えてくれた。ヒーローたちをとりまとめるニック・フューリーが、彼らを説得することが上手な理由については「ニックは、ヒーローたちの中にある“誰かを守る”使命感を刺激するのです。破壊と向き合う唯一のものがヒーローたちの能力であることをニックはうまく利用して、ヒーローたちを説得するのです」と、アベンジャーズを結成に導くニックのキャラクターについて語った。

キャプテン・マーベル覚醒の重要な立役者となるニックとの戦闘シーンも、ScreenXではさらにワイドに楽しめる。

エンタメ