• 映画

29歳から30歳、悩み多きクリスティ/映画『29歳問題』予告編

まもなく30歳を迎える2人の対照的な女性を描き、本国で20万人以上を動員するヒットを記録した香港映画『29歳問題』。

オフィスコメディの軽妙さで幕を開ける本作は、次第に悩み多きヒロイン、クリスティの心情に寄り添い、思いがけないラストの展開へ。同世代の女性客のみならず、あらゆる層の観客の涙を誘い圧倒的共感を呼び起こした。同じ一つ歳を重ねるのでも、29歳から30歳になるのが特別な意味を持つ、というのは“万国共通”なのが分かる作品でもある。

監督と脚本を手掛けたのは、香港を代表するクロスメディア・クリエーター、キーレン・パン。作、演出、主演(二役)を務め、2005年に初演され、その後13年間に渡り再演され続けている彼女の代表作である舞台劇「29+1」を自ら脚色し、初監督。ヒロイン二人の心のひだを繊細に描くのはもちろん、80~90年代のアジアンエンタメへの愛あるオマージュを散らしながら、全編にチャーミングな仕掛けを凝らし、伏線を鮮やかに回収していく手腕と才能は驚きを持って受け入れられ、内外で高く評価されて数多くの映画賞を受賞した。

エンタメ