• 映画

米フィギュアスケーター、トーニャ・ハーディングの波乱万丈な半生/映画『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』予告編

貧しい家庭で、幼いころから暴力と罵倒の中で育てられたトーニャ・ハーディング(マーゴット・ロビー)。天性の才能と努力でアメリカ人初のトリプルアクセルを成功させ、92年アルベールビル、94年リレハンメルと二度のオリンピック代表選手となった。しかし、彼女の夫だったジェフ・ギルーリー(セバスチャン・スタン)の友人がトーニャのライバルであるナンシー・ケリガンを襲撃したことで、スケート人生は一変。転落が始まる。一度は栄光を掴み、アメリカ中から大きな期待を寄せられたトーニャ・ハーディングだったが、その後、彼女を待ち受けていたのは・・・・・・。フィギュアスケート史上最大といわれる衝撃的な事件の意外な真相と、彼女の波乱万丈な半生の物語。
5月4日(金・祝)よりTOHOシネマズ他、全国ロードショー!

そして、この度、本作の本予告映像が解禁!冒頭、記者会見に挑むトーニャ(マーゴット・ロビー)の姿と「私を嫌う人は皆こういう、"トーニャ、事件の真相を話せ"」というトーニャのナレーション。しかし、「"真実"って何よ?」と鼻で笑う姿が。子供だったトーニャに異常な熱血指導をする鬼母ラヴォナ(アリソン・ジャネイ)のシーンに続き、トーニャに一目惚れした元夫・ジェフ・ギルーリー(セバスチャン・スタン)の姿も。世界トップのフィギュアスケーターになるまで、次々と彼女の前に待ち受けられた様々な試練、そして、"なぜ世界のトップに立った彼女がフィギュア界を永久追放されたのか”のナレーションのあと、"私からスケートを奪わないで"と泣き出すトーニャの姿まで、世界中を騒がした襲撃事件の意外な真実が明らかに…!

エンタメ