• 経済

ソフトバンク 4月から12月期決算で129億円営業赤字

ソフトバンクグループは投資先企業の経営不振から去年12月までの9カ月間の決算が129億円の営業赤字に転落しました。

ソフトバンクグループは去年4月から12月までの決算を発表し、営業損益が去年の同じ時期の1兆8000億円を超える黒字から一転して129億円の赤字となりました。投資先のアメリカのシェアオフィス大手「ウィーワーク」の経営悪化が主な要因です。ただ、孫正義社長は「保有している株式はこの4カ月で5兆円増えた」として強気の姿勢を示しています。
ソフトバンクグループ・孫正義社長:「投資会社のソフトバンクグループにとっては、営業利益だとか売り上げだとかいうのは、実はもはや関係ない数字だ。
[テレ朝news]https://news.tv-asahi.co.jp

ニュース