• 関連動画
  • 映画

主演・監督クラシンスキー「無音で暮らすなんて不可能だ」映画『クワイエット・プレイス』ジョン・クラシンスキー コメント

▶▶ムビコレのチャンネル登録はこちら▶▶http://goo.gl/ruQ5N7

ホラー映画史に残る社会現象級大ヒット!『クワイエット・プレイス』。

主演エヴリン役は『オール・ユー・ニード・イズ・キル』のハリウッドきっての実力派女優、エミリー・ブラント。その夫・リー役には、実生活でも彼女の夫である『プロミスト・ランド』のジョン・クラシンスキーが監督も務め、初のホラー作品ながらもこの大ヒットを飛ばし、新作のオファーが押し寄せている。

この度、本作で監督・脚本を担当し、アボット家の父親であるリー役を演じたジョン・クラシンスキーの特別映像が到着。

今回到着した映像は、劇中、荒廃した世界で暮らすアボット家の生活についてクラシンスキーが言及する特別映像。【音を立てたら、即死】という極限の状況の中、生き抜かなければならないアボット家の過酷な運命について「無音で暮らすなんて不可能だ」と断言しながらも、「父親は道に砂を敷き、全員が手話を使って、光を使って合図を送る」など、彼らがいかに工夫を凝らして生活しているかを語っている。

劇中、厳しい状況に置かれながらも、それぞれに耐え抜く術を身につけていくアボット家4人のキャラクターを通し、自身の子どもたちへ「悲しいときには、堂々とした自身を持って自分は悲しいのだ、と認める気持ちが持てるように。そして、前進していけると感じるほど、強くなっていくことを学んでいけるように。」とメッセージを込めたのだそう。
2018年9月28日公開

エンタメ