• 経済

習近平主席「建国以来の重大な公衆衛生事件だ」

中国の習近平国家主席は新型コロナウイルスの対策会議で「建国以来、最も重大な公衆衛生上の事件だ」と述べ、強い危機感を示しました。

習主席は23日、最高指導部のメンバーが一堂に会した対策会議で「今回の新型肺炎は建国以来、最も感染が速く、最も範囲が広く、最も予防と制御が難しい重大な公衆衛生事件だ」と強調しました。そして、「経済、社会に大きな衝撃を与えるのは避けられない」として、武漢と北京を挙げて重点的な対応を指示しました。また、減税などの企業対策や大学生の就職支援などで社会の動揺を抑える姿勢を示しました。そのうえで「中華民族は歴史上、一度も押し潰されたことはなく、困難のなかで成長してきた」と述べ、民族意識を鼓舞しました。
[テレ朝news]https://news.tv-asahi.co.jp

ニュース