• 関連動画
  • 社会

ナメクジ丸飲みで青年が四肢麻痺に、電車の座席に置き紙し老人クラブが謝罪、痒さから尿道に充電ケーブル挿入の男、脊柱に14年間3センチの針が刺さっていた女性他、2018年4月第2週 - トモニュース

ナメクジ丸飲みで青年が四肢麻痺に、電車の座席に置き紙し老人クラブが謝罪、痒さから尿道に充電ケーブル挿入の男、脊柱に14年間3センチの針が刺さっていた女性…2018年4月第2週の厳選ニュースをまとめてお届けします!

1.オーストラリアで19歳ラガーマンがナメクジを飲み込んだため四肢麻痺になってしまった。ナメクジに寄生する広東住血線虫症に感染し、髄膜炎を発症してしまったというのだ。

2.宮城県内のJR東北本線で老人クラブのメンバーが次の駅で乗車する他のメンバーの座席をあらかじめ確保するために、「席をお譲りください」と書かれた紙を電車の座席に置き、物議をかもしている。

3.前立腺炎が引き起こした尿道の痒みに耐え切れず、長さ約1メートルのiPhone用充電ケーブルを差し込んだ男性が中国・大連市に現れた。

4.長年慢性的な腰痛に悩まされていた41歳の女性の脊柱から針が見つかった。痛みの原因は14年前に受けた帝王切開手術の際に体内に取り残された針だったという。

5.滋賀県彦根市の河瀬駅前交番で巡査の男が教育係だった41歳の巡査部長を射殺し、殺人容疑で12日に逮捕された。逮捕されたのは大西智博容疑者(19)。

6.米の女性ユーチューバー、エミリー・ジャクソン( Emily Jackson)さんが妊娠25週目を理由にディズニークルーズへの乗船を拒否されたことについて不満を露わにしている。

7.カナダの高級ホテルを出禁となってしまった男性。部屋の窓辺にペペロニを置いたまま数時間外出したため、カモメに部屋を荒らされてしまったのが原因だという。

8.野生のアライグマがゾンビのような不気味な動きをしている…と米オハイオ州に住む住民の間で気味悪がられている。どうやら「ジステンパー」と呼ばれる感染症が原因らしい。

9.米ウタ州の高速道路で3月25日、警察官が背後から来た車に跳ね飛ばされた。警察官は肩甲骨および肋骨を折る重傷を負うも、無事一命を取り留めたという。。

10.米フロリダ州のセントピーターズバーグにある建設中の警察本部で、4月5日午前8時半ごろ、巨大なクレーンが突如倒壊した。

ニュース